UTnavi.info 東京大学非公式情報サイト
  

 
 

東京大学第61回駒場祭非公式サイト

東大駒場祭2010 第61回駒場祭 例のカエル
東京大学第61回駒場祭非公式サイト

東京大学駒場祭2010の非公式サイトです。
第61回駒場祭は11月21日、22日、23日に
駒場キャンパスで開催されます。

第61回駒場祭公式Webサイト
第61回駒場祭公式Webサイト モバイル
モバイル短縮URL:http://utnavi.info/s/1
 
パーツが選択されていません。

表現と科学の生命宇宙

日時:23日(火)10:00~11:30

場所:コミュニケーションプラザ2階多目的教室3


講義内容


 現在の地球上の生命体は、5億年以上前の太古のカンブリア紀からのサバイバルを経た進化知を秘めています。
 自己増殖・自己組織化する物理・生物的CGシミュレーションをもとに、生物の形・色・動きから導き出された有機的で刺激的かつ魅力的な世界や、多様性と変化に富んだ未来型の複雑な進化型生物の形象化、宇宙/深海探査を意図したロボティックな立体造形への取り組みなどを例に、自然を奥深く理解し、そこから得られたサイエンスとしての知を高度に芸術的レベルに表現することについてビジュアルに考えてゆきます。

河口洋一郎先生


1952年、種子島生まれ。CGアーティスト、東京大学大学院情報学環教授。
1975年からコンピュータ・グラフィックスの制作に着手し、1982年の国際学会SIGGRAPHにて『Growth Model:グロースモデル』を発表、一躍世界中から脚光を浴びる。
国際大会でのグランプリを数多く受賞し、第100回ベネチアビエンナーレ日本代表芸術家に選ばれるなど、国際的な舞台で活躍しつづけている。
2010年、世界最大のコンピュータ・グラフィックスの国際学会「ACM SIGGRAPH 2010」において、CG界への長年にわたる大きな貢献と、現在の旺盛な創作・研究活動を称える「ACM SIGGRAPH Distinguished Artist Award」を受賞。

講師ウェブページ


http://www.a103.net/komabasai/61/visitor/events/lec_universe.html