UTnavi.info 東京大学非公式情報サイト
  

 
 

東京大学第61回駒場祭非公式サイト

東大駒場祭2010 第61回駒場祭 例のカエル
東京大学第61回駒場祭非公式サイト

東京大学駒場祭2010の非公式サイトです。
第61回駒場祭は11月21日、22日、23日に
駒場キャンパスで開催されます。

第61回駒場祭公式Webサイト
第61回駒場祭公式Webサイト モバイル
モバイル短縮URL:http://utnavi.info/s/1
 

お知らせ

東大LEGO部では国際宇宙ステーション(ISS)と小惑星探査機「はやぶさ」をLEGOで作成します。講演会へお越しの方はぜひそちらにも足を運んでみてください。

レゴ部駒場祭展示 東大駒場祭2010

参考画像:都庁


 
パーツが選択されていません。

駒場祭特別講演会「はやぶさ」



日時:21日(日)14:00~16:00

場所:数理科学研究棟

今年6月、7年間にわたる長い旅路から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。
日本中の話題をさらい、感動を誘った大気圏再突入はまだ記憶に新しいでしょう。
今回の駒場祭ではその「はやぶさ」プロジェクト・マネージャーの川口淳一郎教授をお招きし、
「はやぶさ」が辿った軌跡と導いた奇跡を、教授自ら語っていただきます。
叫ばれる理科離れ、事業仕分けによる宇宙開発費削減……その渦中にある日本の宇宙開発を支え、
科学のバトンを未来につなぐ川口教授の講演を、日本中から未来の担い手が集うここ駒場キャンパスで。


※整理券による入場制限を行う可能性があります。決定次第、本ホームページにて告知いたします。

http://www.a103.net/komabasai/61/visitor/events/hayabusa.html
http://utnavi.info/komabasai/kikaku/hayabusa/

川口淳一郎教授

昭和30年9月24日生まれ

学会

日本航空宇宙学会
米国航空宇宙学会(AIAA)
米国宇宙協会(AAS)
米国惑星協会(TPS)
計測自動制御学会
システム制御情報学会
日本惑星科学会     各会員

著書

『人工衛星と宇宙探査機』(コロナ社)
『航空宇宙における制御』(コロナ社)
『ビークル 』計測・制御テクノロジーシリーズ(コロナ社)


(JAXA提供)

学歴・職歴

昭和53年 3月 京都大学工学部機械工学科卒業。
昭和55年 3月 東京大学大学院工学系研究科航空学専攻課程修士課程修了。
昭和58年 3月 同上 博士課程修了。工学博士。
昭和58年 4月 文部省宇宙科学研究所システム研究系助手。
昭和63年 4月 同上 助教授。
平成12年10月 同上 教授。
平成15年10月 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部に改組
平成18年 3月 同上 宇宙航行システム研究系 教授。同研究主幹。
       深宇宙探査センター長
平成20年 4月 同上 月惑星・探査プログラムグループ プログラムディレクタを併任
現在にいたる。

この間
昭和62年11月~昭和63年5月 文部省在外研究員(NASAゴダード宇宙飛行センタ)
平成12年度 学術審議会(特定領域推進部会)宇宙科学部会 専門委員
平成12年度 宇宙開発委員会 専門委員
平成19年度 日本学術会議 連携会員

資格、受賞など

昭和58年 3月 工学博士号(東京大学)
昭和62年 3月 計測自動制御学会 技術賞
平成 3年 3月 日経 BP 賞
平成 5年12月 NASA Group Achievement Award (GEOTAIL)
平成16年 4月 日本航空学会 技術賞
平成18年 4月 Space Pioneer Award (米 National Space Society)
平成19年 4月 日本航空学会 技術賞
平成19年 4月 ナイステップ研究者に選出 文部科学省
平成19年 4月 文部科学大臣賞 技術賞

国内特許:3件
(ランデブ・ドッキング標的、スラスタ噴射時間遅れ制御器、惑星表面標本採取装置)

米国特許:2件
("APPRATUS AND METHOD FOR CONTROLLING THRUSTER VALVE"(1997), 
 "SAMPLE COLLECTOR"(1997))

特許:ソーラーセイルを含む大型膜宇宙構造物の展開、展張方式
2001. 特許第3541225号
2005. Canada 2,367,979
2004. Russia, 2232111
2004. USA US 6,689,952 B2